九人の乙女の碑

昭和20年(1945)8月20日、終戦5日後に、樺太真岡郵便局で電話交換業務を終えた後、自ら若い命を絶った9人の女性の霊を慰めるために建てられた、高さ1.8m、幅2.4mの登別石で造られた屏風状の碑。この碑は、彫刻家・(故)本郷新氏と樺太引揚者で札幌在住の上田祐子さんの寄進により造られたもの。北方記念館(開基百年記念塔)には、関係資料が展示されている。昭和20年(1945年)8月20日、終戦5日後に、樺太真岡郵便局で電話交換業務を終えた後、自ら若い命を絶った9人の女性の霊を慰めるために建てられた殉職した九人の乙女高石ミキ(24)可香谷シゲ(23)吉田八重子(21)志賀晴代(22)渡辺照(17)高城淑子(19)松橋みどり(17)伊藤千枝(22)沢田キミ(18)碑文戦いは終わった。それから5日、昭和20年8月20日ソ連軍が樺太真岡上陸を開始しようとした。その時突如、日本軍との間に戦いが始まった。戦火と化した真岡の町、その中で交換台に向かった九人の乙女等は、死を以って己の職場を守った。窓越しに見る砲弾のさく裂、刻々迫る身の危険、いまはこれまでと死の交換台に向かい『みなさん、これが最後です。さようなら、さようなら……』の言葉を残して静かに青酸カリをのみ、夢多き若き尊き花の命を絶ち職に殉じた。戦争は再びくりかえすまじ。平和の祈りをこめて尊き九人の霊を慰む

フォローするとメルマガで情報が優先的に配信されます。

すでに(社)北海道観光振興機構をフォローしています。

(社)北海道観光振興機構をフォローしました。今後、メルマガで情報が優先的に配信されます。

(社)北海道観光振興機構のフォローを解除しました。情報の優先配信は停止しました。

1名が(社)北海道観光振興機構をフォローしています。

九人の乙女の碑の基本情報

名称

九人の乙女の碑

よみ

くにんのおとめのひ

住所

稚内市稚内公園

問い合わせ先

稚内市水産商工観光課

観光タグ

キュン旅稚内

※この情報は(社)北海道観光振興機構より提供されたものです。最新情報、詳細等につきましては必ずお問い合わせ先にてご確認ください。お問い合わせの際は「びもーるを見た」とお伝えください。

びもーるに登録してログインすると口コミやコメントを書いて情報交換できます。
この情報の広告主として公式にコメントすることができます。
この情報について口コミやコメントを書いてみんなで情報交換しましょう。
送信中
写真のアップロード
 札幌 口コミをもっと見る
本日開催をもっと見る

びもーる 札幌版について

あなた情報マガジンびもーる(ビモール)は、札幌地域のイベント、お祭り、スポーツ、映画、コンサート、講演、講座などのお出かけ情報や、札幌のちょっとした情報、口コミなどが満載の地域ウェブマガジンです。

カレンダーから札幌地域のイベントが検索できるだけでなく、お得なクーポンやセールの情報もいっぱいです。

読者登録すると、あなたの興味にあわせた旬な情報をチョイスし、あなた限定のメールマガジンをお届けします。

びもーるサイト内検索

モバイル・スマホでも札幌地域のイベント・お祭り・お出かけ情報をチェック
qrコード
http://bemall.jp/sapporo

札幌地域のイベント主催者様へ