札幌の2017年6月29日のイベント・お祭り・お出かけ情報
びもログ

サッペディア 豊平区にあるあんぱんでできた道 アンパン道路

サッペディア 豊平区にあるあんぱんでできた道 アンパン道路
2012年3月1日掲載情報 - 札幌版
サッペディア 豊平区にあるあんぱんでできた道 アンパン道路 札幌

最近、月寒あんぱんという言葉をよく耳にするようになりましたね。お腹をすかせてあんぱんについて調べていると、アンパン道路という奇妙な道路を発見。変な名前の道路だと思っていたら、そこは豊平区の歴史と人々の思いやりにあふれた素敵な場所でした。今回はそんな道のお話です。

1910年に豊平町(現在の豊平区・清田区・南区)の一部が札幌区へ編入され、役場が豊平から月寒に移転されることになりました。しかし、当時平岸と月寒を結ぶ道路はなく、そのままでは役場に行くのに遠回りをしなければなりません。そこで持ち上がったのが、札幌市豊平区にある現在の国道36号(月寒通)と国道453号(平岸通)を結ぶ道路の建設でした。

当時は機械も発達していない時代。丘陵地を切り開いて、長い道路を作るというのは大変な作業。豊平町は陸軍第7師団歩兵第25連隊に道路建設の協力を要請します。7,500人の陸軍歩兵と地元民が協力して全長約2.6キロメートルの道路建設工事が行われ、なんとわずか4か月で、現在の月寒中央公園、および月寒児童会館と札幌市立平岸小学校付近を結ぶ2.6kmの道路が完成したのです。

そう、この道がアンパン道です。でも、なぜこの道がアンパン道路なのか。この道路工事の時にふるまわれたのがあんぱんなのです。月寒あんぱんは今でいうあんぱんとは少し違い、たっぷりのこしあんが入ったずっしりとしたもの。パンというより現在の和菓子に近いかもしれません。

町は道路工事に従事した兵士に間食としてこのあんぱんを1人当たり1日5個支給しました。工事で疲れ、お腹を空かせた人々にはたまらない甘さだったと思います。当時はそのためのあんぱん屋さんが10軒近くあったと言われています。

道路を建設した人、アンパンを作ったパン屋さん、パンをふるまうと決めた豊平の人々。人と人の思いやりによって作られた道路、それがアンパン道路だったのですね。まさに「あんぱんでできた道路」今は交通量はあまり多くありませんが、当時の人々にとってはすごく便利であったに違いありません。あんぱんを頬張りながら、この道を歩いてみたら豊平の歴史をかみしめられると思いますよ。

  • 住所: 豊平区月寒中央通6丁目-7丁目間交差点〜豊平区平岸2条14丁目付近

サッぺディアは札幌市民のための地域の見どころ再発見辞典です。

文責:びも〜る編集部

※この情報は2012年2月29日時点のものです。事前にお問い合わせ先で最新の情報をご確認の上、お出かけください。お問い合わせの際には「びもーるを見た」とお伝え下さい。

フォローするとメルマガで情報が優先的に配信されます。

すでに株式会社調和技研をフォローしています。

株式会社調和技研をフォローしました。今後、メルマガで情報が優先的に配信されます。

株式会社調和技研のフォローを解除しました。情報の優先配信は停止しました。

本部長さん 、WINDさん 、ライカーさん 、福山さん 、他9名が株式会社調和技研をフォローしています。
びもーるに登録してログインすると口コミやコメントを書いて情報交換できます。
この情報の広告主として公式にコメントすることができます。
この情報について口コミやコメントを書いてみんなで情報交換しましょう。
送信中
写真のアップロード
サッペディア 豊平区にあるあんぱんでできた道 アンパン道路 札幌 口コミをもっと見る
本日開催をもっと見る

びもーる 札幌版について

あなた情報マガジンびもーる(ビモール)は、札幌地域のイベント、お祭り、スポーツ、映画、コンサート、講演、講座などのお出かけ情報や、札幌のちょっとした情報、口コミなどが満載の地域ウェブマガジンです。

カレンダーから札幌地域のイベントが検索できるだけでなく、お得なクーポンやセールの情報もいっぱいです。

読者登録すると、あなたの興味にあわせた旬な情報をチョイスし、あなた限定のメールマガジンをお届けします。

このページは「サッペディア 豊平区にあるあんぱんでできた道 アンパン道路」に関する情報ページです。

びもーるサイト内検索

モバイル・スマホでも札幌地域のイベント・お祭り・お出かけ情報をチェック
qrコード
http://bemall.jp/sapporo

札幌地域のイベント主催者様へ